真面目な交際をしたい人に使ってほしい婚活サイト

今、真面目に出会いを求める人が集まっている婚活サイト

「婚活」という言葉が登場したきっかけは『AERA』の2007年11月5日号です。

 

社会学者の山田昌弘氏が考案したこの言葉はあっという間に世に浸透しました。

 

今ではお見合い、恋愛を問わず幸せをつかむために多くの男女が婚活に励む様子がテレビ、新聞、雑誌などで頻繁に取り上げられています。

 

しかしながら、結婚を願う人たちがみな積極的に行動を起こしているかというと、決してそうではありません。

 

中には性格的におとなしかったり、自分で見極める自信がなかったり、仕事が忙し過ぎて出会いに恵まれなかったりと様々な理由で出遅れている人たちもたくさんいます。

 

しかし、出遅れているからといって望みがないわけではありません。

 

結婚したくてもできない、あるいは結婚に結びつくような真面目な交際相手を見つけたいという人は【婚活サイト】を活用してみてはいかがでしょうか。

 

婚活サイトは主に『会員主導型婚活サイト』『アドバイザー主導型婚活サイト』『パーティー型婚活サイト』の3つに分類されます。

 

『会員主導型婚活サイト』というのは自分で検索するタイプのサイトで、まずは自分が婚活サイトに登録することから始めます。
登録が済んだら自分の好みや条件に合った相手をリストの中から見つけ出します。会員本人が主体的に検索しますので、婚活サイトからのダイレクトな紹介やアドバイスなどはありません。

 

しかし、入会金月会費0円というリーズナブルな料金設定になっていることが多いので、高額な予算をつぎ込めない人や婚活初心者でお試しにやってみるという人には適しています。

 

『アドバイザー主導型婚活サイト』は専任アドバイザーによる紹介がメインになっています。

 

自分で検索するより専門家に任せた方が確実だと思う人はもちろんのこと、自分でなかなか決められない人や積極的に行動を起こせない人などにはこちらの婚活サイトをオススメします。

 

そして、『パーティー型婚活サイト』はパーティー参加方の婚活サイトです。『会員主導型婚活サイト』『アドバイザー主導型婚活サイト』の2つはまずはリスト上の相手をじっくり吟味するというものですが、こちらは婚活サイトが主催するパーティーに参加して最初から顔を合わせますので、直接話をしながら相手を見定めることができます。

 

物怖じせず積極的に誰とでも話せる人や異性と抵抗なく接することができる人には非常に合った婚活サイトだと言えます。

 

いずれにせよ、ネット上には数々の婚活サイトがあり、いつでもどこでも検索ができます。

 

一昔前のお見合いのように堅苦しいものではありませんから余り深刻に考えず、気の合った人と出会えるかもしれないという気楽な気持ちで空いている時間に活用すると良いのではないでしょうか。

このエントリーをはてなブックマークに追加